JA丹波ひかみ
小雨の中、元気な笑い声

 5月19日(土)、JA丹波ひかみは、稲作体験を通じて都市消費者と産地との交流や、米作りへの理解を深めることを目的に氷上町のほ場で田植え体験を行いました。
 潟qョウベイと潟gーホーストアの顧客とその家族31名が参加し、生産者やJA職員から苗の植え方を教わった後、田んぼに素足で入り手植えに挑戦しました。子ども達は、初めて入る田んぼに戸惑いながら、笑顔で田植えを楽しみました。
 9月には収穫体験を予定しており、今後も交流イベントを通じ、安全・安心な米作りへの理解と丹波市の魅力を伝え、丹波市産農産物の普及拡大に繋げていきます。





【 閉じる 】
Copyright(C)2005-2018丹波ひかみ農業協同組合.All Rights Reserved.