JA丹波ひかみ
トップページ…JA丹波ひかみのトップページへ
サイトマップ…JA丹波ひかみのサイトマップへ
ごあんない…JA丹波ひかみのご紹介です うまいもん情報…丹波ひかみの味覚を紹介します 営農情報…特産物・野菜の栽培情報です くらしの情報…皆さまのくらしをバックアップ JAバンク…JAの金融情報です JA共済…ひと・いえ・くるまのJA共済情報です みんなの広場…クイズ・メルマガの登録はコチラ よくあるご質問…よくお問い合わせいただくご質問におこたえします リンク集…関係団体等へのリンク集です

特産物栽培情報 家庭菜園 営農経済センター情報 『夢たんば』ガイドライン

産地銘柄品種銘柄一覧表
(平成26年産)

 家庭菜園

      トマト   ホウレンソウ   タマネギ   ジャガイモ   サツマイモ   ニンジン   スイート
コーン
 
キュウリ

さわやかな緑とみずみずしい香味が魅力!家庭菜園でつくれば新鮮さ、おいしさも倍増!!
 
   
 

 特 性

 温度や水分に敏感で、畑の土壌水分が不足すると生育不良になりやすい。
 茎葉の組織はもろく、風が当たると折れやすいので、支柱立て・誘引を入念に行います。

 

 畑の準備

 植え付けの2週間前に苦土石灰や堆肥を施し、25〜30cmくらいの深さに耕します。
 元肥は植え付け約1週間前に1m2当たり堆肥3kg・化成肥料100g程度を畝の浅層に全面に施すようにします。(根は比較的浅く広がります)

 

 植え付け

 畝幅90cmで2条植えにし、株間は50cmにする。通路の幅は90〜100cmと広めに取ります。ポット苗の植え付けは、根鉢を崩さないように注意して植えましょう。(覆土は1cm程度)

 

 支柱立てと整枝

支柱立て図 つるの長さが20〜30cmの頃、支柱に誘引する。30cm間隔で先端が垂れ下がらないように早めに行います。
整枝図 高さ1.6〜1.8mの頃に本葉を2枚残して摘心する。

 

 追 肥

追肥図 植え付け後15日前後で1回目の追肥をします。その後15〜20日おきに追肥をして肥料切れさせないように育てる。(根の伸びている範囲をとらえて施すのがコツです)
 若どりしてから追肥をすると目に見えて肥効が現れます。

 

 収 穫

 実が大きくなりすぎると樹勢が衰えるので、100〜120gを目安にして収穫します。成熟期は、開花後10〜13日くらいです。
 キュウリは色々な大きさで利用できるので、特に草勢が弱った時には、若どりして回復をはかります。



ページの一番上へ


Copyright(C)2005-2015 丹波ひかみ農業協同組合.All Rights Reserved.