JA丹波ひかみ
トップページ…JA丹波ひかみのトップページへ
サイトマップ…JA丹波ひかみのサイトマップへ
ごあんない…JA丹波ひかみのご紹介です うまいもん情報…丹波ひかみの味覚を紹介します 営農情報…特産物・野菜の栽培情報です くらしの情報…皆さまのくらしをバックアップ JAバンク…JAの金融情報です JA共済…ひと・いえ・くるまのJA共済情報です みんなの広場…クイズ・メルマガの登録はコチラ よくあるご質問…よくお問い合わせいただくご質問におこたえします リンク集…関係団体等へのリンク集です

特産物栽培情報 家庭菜園 営農経済センター情報 『夢たんば』ガイドライン

産地銘柄品種銘柄一覧表
(平成26年産)

 家庭菜園

    キュウリ   トマト     タマネギ   ジャガイモ   サツマイモ   ニンジン   スイート
コーン
 
ホウレンソウ

各種ビタミンや鉄分、カルシウムなど栄養価の高い野菜
 
   
 

 準 備

準備図 2週間前から苦土石灰を施し、よく耕しておきます。畝幅60cm、高さ10cmの畝をたて表面は平らにする。元肥は10m2当たり堆肥20kg、化成肥料1.5kg、ヨーリン1kg、苦土石灰10kgを施用する。

 

 種まき

種まき図 表面が乾いている場合は、かん水をしてから行います。3条のすじまきとし、土は1cmくらいかぶせます。

 

 間引き

間引き図 本葉1枚と3〜4枚の頃に2回行います。間引きは5〜6cm間隔にし、株間が狭すぎると葉色が薄く不良品が多く出ます。

 

 病害虫防除

 夏の暑いときは、立枯病、ベト病が発生しやすい。虫はアブラムシ、ヨトウムシに注意しましょう。

 

 収 穫

収穫図 大きくなったものから間引きするように収穫する。春まきや夏まきはとう立ちしやすいので、早めに収穫しましょう。春まきで40〜50日、秋まきなら50〜60日が収穫の目安です。

 

 ポイント

 高温ほどとう立ちするので、時期により品種を変えます。秋まきが一番つくりやすい。
 苦土石灰を散布しないと多く収穫できません。
 適期に間引くと、根の張りがよくなり大株ができます。



ページの一番上へ


Copyright(C)2005-2015 丹波ひかみ農業協同組合.All Rights Reserved.