JA丹波ひかみ
トップページ…JA丹波ひかみのトップページへ
サイトマップ…JA丹波ひかみのサイトマップへ
ごあんない…JA丹波ひかみのご紹介です うまいもん情報…丹波ひかみの味覚を紹介します 営農情報…特産物・野菜の栽培情報です くらしの情報…皆さまのくらしをバックアップ JAバンク…JAの金融情報です JA共済…ひと・いえ・くるまのJA共済情報です みんなの広場…クイズ・メルマガの登録はコチラ よくあるご質問…よくお問い合わせいただくご質問におこたえします リンク集…関係団体等へのリンク集です

特産物栽培情報 家庭菜園 営農経済センター情報 『夢たんば』ガイドライン

産地銘柄品種銘柄一覧表
(平成26年産)

 家庭菜園

    キュウリ   トマト   ホウレンソウ   タマネギ   ジャガイモ     ニンジン   スイート
コーン
 
サツマイモ

栽培が容易で多収 繊維も栄養も豊富な野菜
 
   
 

 準 備

準備図 病害虫に強いため何年でも連作できますが、イモの表面が黒あざのものが多くなった場合は2〜3年輪作してください。窒素肥料のやりすぎは、つるだけ伸びてイモがならないので元肥は10m2で化成肥料500gを施します。

 

 畝づくり

 畑を耕して、苗を植え付ける1週間くらい前に畝をつくる。畝は高畝にします。

 

 苗の選び方

苗の選び方図 サツマイモの苗は茎と葉だけで根はありません。無病のもので、やや硬めで節間が適度に詰まったものがよい。(徒長したり、節間が極端に短いものはよいイモがつかない)

 

 苗の植え方

苗の植え方図 苗の植え方はいろいろありますが、一般的には水平植えにする。イモは土に埋めた茎の葉のつけねにつくようになる。1週間から10日で発根すると苗が立ち上がり伸び始めます。
※植え付けた後しばらくは、しおれていても心配はありません。

 

 中耕・土寄せ

中耕・土寄せ図 6月中旬と7月中旬に雑草をとり、土を浅く耕し、畝間の土を株元に寄せる。土中の空気の流通がよくなり、イモの肥大に効果があります。追肥は下葉が色あせた場合、化成肥料10m2当たり200g施用する。また、つるが伸びすぎて隣の畝へ入るようになったら持ち上げて株元へ戻します。

 

 収 穫

 株の周囲から土を掘り、イモが見えたら傷つけないよう土ごと株を掘り上げる。9月頃から探り掘りをして、早掘りの味も楽しめます。

 

 ポイント

 高温性の野菜のため、気温が十分上がってから植えないとよいものが取れません。土質は選びませんが、排水の悪いところではつくれません。



ページの一番上へ


Copyright(C)2005-2015 丹波ひかみ農業協同組合.All Rights Reserved.