JA丹波ひかみ
トップページ…JA丹波ひかみのトップページへ
サイトマップ…JA丹波ひかみのサイトマップへ
ごあんない…JA丹波ひかみのご紹介です うまいもん情報…丹波ひかみの味覚を紹介します 営農情報…特産物・野菜の栽培情報です くらしの情報…皆さまのくらしをバックアップ JAバンク…JAの金融情報です JA共済…ひと・いえ・くるまのJA共済情報です みんなの広場…クイズ・メルマガの登録はコチラ よくあるご質問…よくお問い合わせいただくご質問におこたえします リンク集…関係団体等へのリンク集です

特産物栽培情報 家庭菜園 営農経済センター情報 『夢たんば』ガイドライン

産地銘柄品種銘柄一覧表
(平成26年産)

 家庭菜園

    キュウリ   トマト   ホウレンソウ   タマネギ   ジャガイモ   サツマイモ   ニンジン  
 
スイートコーン

もぎたての味は最高!夏の家庭菜園の立て役者
 
   
 

 準 備

 種まきの1カ月前に、10m2当たり堆肥20kg、苦土石灰1kg、ヨーリン500gを施し、十分に耕しておきます。は種10日前に化成肥料1.5kgを施し、十分に耕しておきます。

 

 種まき

種まき図 1カ所に3〜4粒まき、2〜3cm土をかける。

 

 栽植の方法

栽植の方法図 草丈15cmくらいのころ間引きをして1本立てにする。
 1列に長く植えるより、数列に密生させて植えた方が実つきがよくなります。

 

 土寄せ

土寄せ図 草丈70〜80cmまでに2回、追肥と土寄せする。株元のわき芽は取らなくてよい。倒伏の防止にもなり、よい実が収穫できます。

 

 雌穂の残し方

雌穂の残し方図 一番大きい雌穂だけを残す。下のほうの小さい雌穂は小さいうちに取り除き、ヤングコーンとして食べることができます。雄穂からの花粉がよくつくと実つきがよくなります。

 

 収 穫

 絹糸が出てから約3週間後、絹糸が黒褐色にならないうちに収穫する。朝のうちに収穫するようにしましょう。

 

 ポイント

 収穫適期の幅が狭い作物なので、一度にまかないで計画的に栽培しましょう。花粉が十分に雌穂にかかるよう、一列に植えないようにしましょう。1株に1穂収穫するようにしましょう。



ページの一番上へ


Copyright(C)2005-2015 丹波ひかみ農業協同組合.All Rights Reserved.