JA丹波ひかみ
トップページ…JA丹波ひかみのトップページへ
サイトマップ…JA丹波ひかみのサイトマップへ
ごあんない…JA丹波ひかみのご紹介です うまいもん情報…丹波ひかみの味覚を紹介します 営農情報…特産物・野菜の栽培情報です くらしの情報…皆さまのくらしをバックアップ JAバンク…JAの金融情報です JA共済…ひと・いえ・くるまのJA共済情報です みんなの広場…クイズ・メルマガの登録はコチラ よくあるご質問…よくお問い合わせいただくご質問におこたえします リンク集…関係団体等へのリンク集です

特産物栽培情報 家庭菜園 営農経済センター情報 『夢たんば』ガイドライン

営農通信

 特産物栽培情報

       
 
丹波大納言小豆
 

 ほ場準備

 排水のよいほ場を選定し、苦土石灰100kgを施用して耕うんしておく。
 ※雑草の多いほ場では、ラウンドアップマックスロードまたはバスタ液剤で除草しておきます。

 

 元 肥

 7月上旬に小豆化成を10a当たり40kg施用し、畝を立てる。(畝幅120〜140cm)
 ※スイートコーン跡に作付けする場合は、元肥の施用はしない。

 

 は 種

 10a当たり2kgの種子を準備する。(種子は、毎年必ず更新する。)
 株間35〜40cm、条間50cmとり、2条播きにする。(1株当たり2〜3粒をは種する。)

 は種後、トレファノサイド乳剤または粒剤、もしくはダイロンを散布し、雑草防除をおこなう。(施肥・防除基準を参照)

 

 間引き

 本葉1枚の頃に2本立てに間引く。
 補植が必要な場合は早めにおこないましょう。

 

 中耕培土

中耕培土 本葉5枚の頃に、本葉1枚目の節まで土を寄せる。
 中耕培土は除草を兼ねて必ずおこないましょう。

 

 追 肥

 開花始めにNK化成2号を10a当たり20kg施用する。

 

 病害虫防除

 アブラムシ、メイガ類、ハダニ類が発生しやすいので、開花期直前からの防除は徹底しましょう。

施肥・防除基準

 

 収 穫

 熟した莢を順次収穫し、熟莢率が全体の70〜80%になれば、株ごと刈り取る。

 

 乾燥調製

 未熟粒が乾燥すれば、脱粒後再乾燥し、水分が17%になるように調製する。


栽培履歴

ページの一番上へ


Copyright(C)2005-2015 丹波ひかみ農業協同組合.All Rights Reserved.