JA丹波ひかみ
トップページ…JA丹波ひかみのトップページへ
サイトマップ…JA丹波ひかみのサイトマップへ
ごあんない…JA丹波ひかみのご紹介です うまいもん情報…丹波ひかみの味覚を紹介します 営農情報…特産物・野菜の栽培情報です くらしの情報…皆さまのくらしをバックアップ JAバンク…JAの金融情報です JA共済…ひと・いえ・くるまのJA共済情報です みんなの広場…クイズ・メルマガの登録はコチラ よくあるご質問…よくお問い合わせいただくご質問におこたえします リンク集…関係団体等へのリンク集です

JAの管理賃貸住宅 燃料センター 宅配ふれあい食材 JA会館こもれび
(JA葬祭センター)
くらしに役立つ豆知識

 くらしに役立つ豆知識  〜『JA広報通信から引用』〜

家庭菜園   食育日記   健康百科   ベランダ栽培

ベランダでできるキッチンガーデン
 
2018年12月  ショウガ(ショウガ科ショウガ属)

 戸外で作業ができない冬季に、ストーブやこたつで暖を取りながら、春の作付け計画を立てることをストーブ園芸といいます。種苗会社からカタログを取り寄せると参考になります。掲載されている野菜の大半は、ベランダでも栽培できます。
 多くの家庭の冷蔵庫にはワサビやからし、ニンニクなどのチューブ入りスパイスが常備されています。いつの間にかショウガもチューブ入りを使うようになりました。台所におろし金がない家庭もあります。子どもたちはショウガはチューブの中に入っていると思っているかもしれません。
 春になったら、ショウガをベランダで栽培しましょう。添加物のない、本物のショウガです。塊茎の大きさにより大・中・小ショウガがあり、大ショウガには「印度」、中ショウガには「房州」、小ショウガには「谷中」などの品種があります。キッチンガーデンでは、小ショウガを使用し、筆ショウガ、葉ショウガ、新ショウガと順に楽しむと良いでしょう。
 ショウガは高温を好むので、4月下旬から日当たりの良い所で栽培を始めます。深さ15cm以上のプランターに市販の培養土を入れ、種ショウガを10cm間隔に、芽を上にして植え付けます。種ショウガは前もって、2〜3芽を付けて50gほどに分割し、2〜3日乾かしておきます。覆土は5cmとします。プランターにビニールを掛け保温すると、発芽が早まります。乾燥と過湿を嫌うので、水やりは朝夕に土の表面が乾く程度にします。追肥は1000倍の液肥を、灌水(かんすい)を兼ねて1週間に1度施します。小まめに増し土をします。
 7〜8月に新芽の元に新しいショウガが付くので、種ショウガを掘り上げないように手で押さえて引き抜き、筆ショウガとして利用します。新しい根が少し肥大したら葉ショウガ、初秋に塊茎が大きくなったら新ショウガとして収穫します。

 
ページの一番上へ

Copyright(C)2005-2018 丹波ひかみ農業協同組合.All Rights Reserved.