営農情報

ホーム > 営農情報 > 黒枝豆(本黒)

黒枝豆(本黒)

苗づくり

は種時期   6月中旬~下旬
必要種子量  10a当たり2kg

直播の場合は、6月下旬に株間を45~50cmとりは種する。
は種時にタネバエの防除として、カルホス微粒剤Fを散布する。(10a当たり6kg)

露地育苗
苗床に5cm×5cm間隔には種し、鎮圧して十分かん水してから覆土する。

黒枝豆
プラグトレイ育苗
  • トレイを育苗箱に入れ、スリ切れまで床土を入れる。
  • 種子を1穴に1粒ずつへそを下向きにしては種する。
  • ジョウロでしっかりかん水し覆土する。
  • 右の図のような台の上に置き、育苗箱の下から根が出ないようにする。
  • 種子が土から頭を持ち上げれば、黒皮が乾かない程度にかん水する。

    発芽するまでは濡れた新聞紙などで覆い、できるだけかん水はしない。

ほ場準備

元肥を全層施用し、できるだけ高畝にして排水をよくしておく。(畝幅は145~150cm)

定 植

本葉が見えはじめた頃に定植する。子葉と畝が平行になるように子葉のもとまで深植えにする。(株間45~50cmの1条植え)

黒枝豆

追 肥

生育に合わせて追肥を施用する。

中耕培土

7月上旬~下旬に初生葉がかくれる程度まで土寄せをおこなう。

蔓ぼけしそうな場合は、本葉5~6枚の頃に摘心する。

黒枝豆

支柱立て

倒伏防止のために図のような支柱を立てる。

黒枝豆

水管理

  • 梅雨時期など水がたまった場合は、放置せずに早めに排水をおこないましょう。
  • 落葉・落莢防止のため乾燥時には、畝間に走り水をおこなう。

病害虫防除

開花始め、着莢期にアブラムシ、カメムシ、メイガなどが発生しやすいので、適期防除につとめましょう。

収 穫

  • 霜が降り葉が枯れた後に、葉とりをおこなう。
  • 葉とり後5日程度おいてから根を切る。
  • 茎が茶褐色になってから取り込む。

乾燥調製

自然に乾燥させる。子実が丸くなり、爪で押して跡がつく程度になれば、脱粒をする。

水分が15~16%になるように仕上げ選別する。

施肥・防除基準

■施肥基準

(10a当たり:kg)

肥料 元肥 追肥
1回 2回 3回
アヅミン
(堆肥)
60
2,000
     
粒状苦土石灰 100      
BMようりん 60      
黒大豆特号   20~40    
PK化成     20  
NK化成2号       20
■雑草防除
薬剤名 10a当たり
使用量
希釈水量 使用方法 使用時期 収穫前 使用
回数
直播 クリアターン乳剤 500

800ml
100l 土壌散布 播種覆土直後   1回
バスタ液剤 300

500ml
100

150l
雑草茎葉
散布
播種覆土直後   1回
バービー液剤 300

500ml
100

150l
雑草茎葉
散布
雑草生育期
播種前~播種後畦間処理
50日前
まで
2回
移植 バービー液剤 300

500ml
100

150l
雑草茎葉
散布
雑草生育期
定植前~定植後畦間処理
50日前
まで
2回
■害虫防除

開花始め、着莢期に、アブラムシ、カメムシ、メイガ等が発生しやすいので注意する。

薬剤名 対象病害虫 使用基準
(JA丹波ひかみ特産物栽培ごよみより)
希釈倍率・使用量 使用時期 使用回数
カルホス微粒剤F タネバエ 6kg/10a は種時 1回
トレボン乳剤 メイガ類・ハスモンヨトウ・カメムシ類 1,000倍 開花時 1回
アグロスリン乳剤 カメムシ類・マメシンクイガ 2,000倍 開花3週間後 1回
マラソン乳剤 アブラムシ類・ハダニ類 2,000倍 害虫発生時 1回