営農情報

ホーム > 営農情報 > ニンジン

ニンジン

ニンジン

・・・は種・植え付け・・・は収穫時期

準備

畑はできるだけ早く完熟堆肥と苦土石灰をばらまき、15~20cmの深さによく耕します。直前に未熟堆肥を与えると又根になりやすいので注意します。

種まき

元肥は化成肥料を10m²当たり1㎏施し、土とよく混ぜます。雨で畑が湿ったときに種をまき、乾燥しているときは十分に水やりをしましょう。まいた後4~5mmの厚さに覆土してくわの背で軽くおさえる。

ニンジン

間引き・追肥・土寄せ

1回目は本葉3~4枚のとき、2回目は本葉6~8枚のとき。間引き菜として利用しましょう。最終株間は12~15cmくらいにする。

ニンジン

収穫

発芽後、100~120日くらいから収穫ができます。太くなったものから順に抜き取り、採り遅れないようにする。採り遅れると縦に裂根して品質を損ないます。

ニンジン

ポイント

つくりやすい時期は夏まきで11~12月収穫の栽培です。順調に生育させるには本葉2枚目までと、根の肥大期にあたる本葉4~6枚目のころの水やりが大切です。