営農情報

ホーム > 営農情報 > タマネギ

タマネギ

タマネギ

・・・は種・植え付け・・・は収穫時期

準備

畝幅90㎝、高さ10~20cmの畝をたて、床の表面は平らにする。元肥は10m²当たり堆肥20kg、緩効性肥料2kg、ヨーリン1kg、苦土石灰1kgを施します。

植え付け

苗の根を切らないように、2条植えで株間を12cmとります。苗は、20~25cmで茎が6~7mm程度とし、深植えしないように茎の緑部分を土に埋めないようにする。

タマネギ

追肥

植え付け後3週間から1カ月と3月の2回を行います。追肥をしてから畝の肩へ土を寄せる。肥料は化成肥料を10m²当たり1kgずつ施します。

病害虫防除

水はけの悪いところではベト病が発生するので、排水溝をしっかりつくりましょう。

収穫

葉が3/4くらい倒れた頃が収穫の目安です。

タマネギ

保存

収穫して3~4日たち茎葉がおおむね乾いたら貯蔵します。貯蔵方法は風通しのよいところに5株くらいずつまとめてつるします。つるす場所がないときは茎葉を切除して網かご等に入れ、風通しのよいところに置きましょう。

タマネギ

ポイント

植え傷みさせると枯れやすいので植え付けを丁寧にします。
寒さには強く夏の暑さには弱いので、秋まきが最適ですが、早まきするととう立ちします。