営農情報

ホーム > 営農情報 > トマト

トマト

トマト

・・・は種・植え付け・・・は収穫時期

準備

植え付け1カ月前に10m²当たり堆肥20kg、苦土石灰1kg、ヨーリン400gを施し、深く耕しておきます。植え付け10日前に化成肥料1kgを施し、よく土と混ぜておきます。

定植

がっちりした苗を、下から一番目の花房が外側に来るように植えます。

手入れ

生育中に出てくるわき芽は、小さいうちに手でかきとります。

トマト

支柱立て

支柱は、植え付け前に立て、合掌式にする。株間は50cm。

トマト

追肥

下から一番目の花房の実がピンポン玉くらいの大きさになったら、植え付けぎわに浅い溝を掘り、化成肥料などを追肥します。その後、20日に1回施し3回ほど繰り返す。

トマト

誘引・摘心

茎が太るのに支障ないよう、ゆとりを持たせて8の字に誘引し、収穫目標の最上段の花房が咲いたら、その上2葉を残して摘心します。

トマト

収穫

家庭菜園では真っ赤に完熟したものを収穫します。

ポイント

嫌地が出やすいのでナス、トマト、ピーマンの跡には3~4年はつくらないようにしましょう。
肥料は少しずつ、回数を多くします。
わき芽つみは早めにします。