JA丹波ひかみ
トップページ…JA丹波ひかみのトップページへ
サイトマップ…JA丹波ひかみのサイトマップへ
ごあんない…JA丹波ひかみのご紹介です うまいもん情報…丹波ひかみの味覚を紹介します 営農情報…特産物・野菜の栽培情報です くらしの情報…皆さまのくらしをバックアップ JAバンク…JAの金融情報です JA共済…ひと・いえ・くるまのJA共済情報です みんなの広場…クイズ・メルマガの登録はコチラ よくあるご質問…よくお問い合わせいただくご質問におこたえします リンク集…関係団体等へのリンク集です

特産物栽培情報 家庭菜園 営農経済センター情報 『夢たんば』ガイドライン

営農通信

 特産物栽培情報

       
 
山の芋
 

 土づくり

 11月〜12月に、堆厩肥3t以上、またはアヅミン60kg、石灰窒素60kg、粒状BMヨーリン100kgを施用する。
 畝立は土が良く乾いた時に実施し、畝巾145cm、畝の高さは30cm以上に畝立する。
 排水がはかれるように谷溝をさらえる。
 冬から春に畝上を2〜3回中耕して土を細かくする。

 

 種芋の準備

種芋の準備 ベンレートT200倍液に10分間浸漬。
 蔓首は切り取り1個の切片芋が50g大きさにスイカ切りにする。
 その後、切口を半日程度風乾しする。

 

 植え付け

 株間を32〜36cm、2条。
 4月中旬〜下旬に植え穴を浅く掘り、浅植えにして2cmの覆土をする。

 

 元 肥

 5月下旬に畝の中央に施肥溝を切り、元肥を施し覆土する。
 発芽直前にカイタック乳剤400〜600mlとバスタを混合し100〜150gにとかし噴霧器で散布する。

 

 支柱立て

支柱立て 蔓が伸び始める6月中旬に、杭を1m間隔に立て横縄を上段に張る。

 

 蔓の配置

 蔓が畝上全面に繁茂するよう早めに配置する。2本以上発芽している株は1本仕立てとする。

 

 敷きワラ

 地温、土壌湿度調節と雑草防止を兼ね、6月下旬頃までに敷きワラを厚く敷く。

 

 追 肥

 7月下旬追肥を株と株との間に施用する。

 

 水管理

 かん水は夕刻に2〜3畝毎に区切って3〜4日毎に通し水する。

 

 病害虫防除

 病害虫が発生してからの完全防除は困難なため、防除基準を遵守して計画的な防除をおこないましょう。

施肥・防除基準

 

 収 穫

 10月下旬、蔓が枯死すれば芋を傷つけないよう掘り取る。


栽培履歴

ページの一番上へ


Copyright(C)2005-2015 丹波ひかみ農業協同組合.All Rights Reserved.