営農情報

ホーム > 営農情報 > お米

お米

お米の営農情報

JA丹波ひかみでは、「丹波ひかみ米」 としてブランドの確立を図るとともに、「売れる米づくり、消費者の 信頼にこたえる米づくり」をご提案しています。
また、安全・安心な米づくりをすすめるため、特別栽 培米の生産にも取り組み、オリジナルブランド「夢たんば」として生産拡大をめざしています。
※ 特別栽培米「夢たんば」は使用する化学肥料・農 薬を慣行栽培の1/2以下に抑えて栽培しています。

土づくりのポイント

米づくりの基本は土づくりから
土づくりのポイントは、有機物の投入とケイ酸成分の補給です。特に収穫後の土づくり資材の施用はおろそかになりがちですが、ほ場からは稲の生長により毎年かなりのケイ酸成分が必要です。 稲の生長には欠かせないケイ酸成分を十分に補給しておかないと丈夫な稲はできません。ほ場の状態に合わせた土づくりで地力増進をはかりましょう。

Aタイプ…粘土質、酸性土壌、いもち病発生田、倒伏田、窒素過多田、軟弱徒長等
Bタイプ…砂質土、浅耕土、漏水田、ごまはがれ病発生田、下葉の枯れ上り、根ぐされ登熱不良田等

(10g当たりの基準量)

堆肥 2000kg
または
アヅミン 40kg
石灰窒素 20kg Aタイプ 地力アップ 200kg
(ケイカル200kg + ようりん40kg)
Bタイプ ミネカリン 200kg
(転炉さい200kg + ようりん40kg)

「地力アップ」はケイカルとようりん、「ミネカリン」は転炉さいとようりんを混合した土づくり資材です。

お米の営農情報