事業概要

ホーム > 事業概要

ごあいさつ

JA丹波ひかみのホームページにアクセスいただきありがとうございます。
平素は、何かとJA丹波ひかみをご利用いただき誠にありがとうございます。
合併以来『希望(ゆめ)とうるおいのあるまちづくり』を基本理念に、皆さまの期待と信頼にこたえるJA丹波ひかみをめざして、皆さまの暮らしを支える多彩な事業を展開してまいりました。このホームページは、皆さまとのふれあい・交流の一助として、暮らしに役立つタイムリーな情報提供に加え、地域・全国の皆さまへJA丹波ひかみの息吹をお伝えしたいと考え、運営しております。引き続き、皆さまから当JAに対するご意見・ご要望などをお待ちしております。
また、丹波ひかみ管内は、山野の幸と味覚の宝庫です。本州一低い分水嶺から流れる二本の一級河川源流域で産声をあげる特産物は、その清流と盆地特有の気候風土で育まれ、“のどかな自然のうまみ”をそのまま封印して、ホームページを通じて全国の皆さまに“丹波の風味”をお届けしております。
今後もJA丹波ひかみは、皆さまとの“ふれあい”を大切に、「期待と信頼」「経営改革の継続」「地域貢献」を基本に、地域農業の発展と皆さまの心豊かな生活支援のため、役職員一丸となって利用者サービス・満足度を最優先とする創造的な事業展開をしてまいります。
JA丹波ひかみご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます

代表理事組合長大畠 良樹

経営理念

基本理念| 希望(ゆめ)とうるおいのあるまちづくり
経営理念| 期待と信頼にこたえるJA丹波ひかみ

JA丹波ひかみは、皆さまとのふれあいを大切に、親しまれるJA運営につとめ、
活力のある組織づくりを実践しています。

管内の概要

管内の概要
管内の概要
管内の概要
管内の概要
管内の概要
管内の概要
管内の概要

丹波市は、兵庫県の中東部に位置し総面積は493.28km2で、兵庫県の約6%を占めています。交通機関としては、JR福知山線が縦断しており、またJR加古川線とも連結しています。さらに道路網として、国道175号線・176号線と、加えて舞鶴若狭自動車道(春日IC)が通り、京阪神間への所要時間は2時間以内で往来できる位置にあります。また、春日ICから但馬を結ぶ北近畿豊岡自動車道も開通し、北近畿へのアクセスも便利になりました。
今後においてはJR福知山線の複線化実施への期待も大きくなっています。
地形は、中国山系の丹波高原にある盆地で、瀬戸内海に流れる加古川水系と日本海 にそそぐ由良川水系の本州一低い分水界を持ち、盆地特有の気候で昼夜の温度差が著しいため、秋から冬にかけて濃霧が発生することが多く、この条件を活かして丹波ひかみ米、丹波栗、丹波黒大豆、丹波大納言小豆、丹波山の芋などの特産物が古くから生 産され、広く賞味されています。

事業概況

事業概況平成31年3月末現在の組織概要です。

本店所在地 〒669-3461
兵庫県丹波市氷上町市辺440
TEL:0795-82-0170 FAX:0795-82-3658
代表理事組合長※平成30年6月就任 大畠 良樹
設立 平成2年12月1日 旧氷上郡(現丹波市)内6農協(柏原町、山南町、氷上町、青垣町、市島町、 春日町)が 合併して発足しました。
組合員数 25,652名 (正組合員18,754名<うち認定農業者95名> ※調査日:平成31年4月1日
准組合員6,898名)
組合員戸数 15,830戸 (正組合員戸数11,569戸/准組合員戸数4,261戸)
総代定数 662名 (女性総代枠62名)
事業所数※平成30年4月1日現在 本店 1 / 支店 6 / 店 3 / 共済事故相談センター 1 / 営農経済センター 6 / 畜 産センター 1 / 葬祭センター 1 / 農機センター 1 / 農業倉庫 7 / 営農施設 11 / 直売所 1 / ATM 36台(うち、店舗外ATM 18台)
役員数 理事 20名 (常勤 4名 / 非常勤 16名)
監事 5名 (常勤 1名 / 非常勤 3名 / 員外監事 1名)
職員数 310名 (男性 237名 / 女性 73名)
※平成30年度末退職者・平成31年度新入職員・パート職員は除いております。

主要事業の合併後の推移(単位:百万円・%)

項目 平成2年12月1日 平成31年3月31日 伸長率 注1)
貯金 平成2年12月1日 155,129 平成31年3月31日 263,699 伸長率 注1) 169.9
貸出金 平成2年12月1日 28,495 平成31年3月31日 40,690 伸長率 注1) 142.7
預金 平成2年12月1日 123,026 平成31年3月31日 227,369 伸長率 注1) 184.8
有価証券 注2) 平成2年12月1日 9,790 平成31年3月31日 1,548 伸長率 注1) 15.8
共済保有高 平成2年12月1日 766,590 平成31年3月31日 702,876 伸長率 注1) 91.6
購買品供給高 平成2年12月1日 注3) 7,822 平成31年3月31日 1,199 伸長率 注1) 15.3
販売品販売高 平成2年12月1日 注3) 7,658 平成31年3月31日 2,475 伸長率 注1) 32.3
出資金 平成2年12月1日 2,097 平成31年3月31日 2,250 伸長率 注1) 107.2
注: 1)伸長率は、合併時を基準としています。
2)有価証券の平成2年度は簿価、平成30年度は時価の数字です。
3)購買品供給高、販売品販売高は平成3年度末の数字です。

機構図→ 別ウィンドウで開きます

ディスクロージャー

ディスクロージャー誌の全文をPDFファイルで掲載しております。

ディスクロージャー誌 Disclosure 平成30年度→ PDFダウンロード

TAP21営農振興3カ年計画書

TAP21 JA丹波ひかみ第10次営農振興3カ年計画書 2019~2021

組合長あいさつ→ PDFダウンロード

第10次営農振興3ヵ年計画 2019-2021→ PDFダウンロード

営農MAP、連絡先→ PDFダウンロード

一般事業主行動計画

平成27年4月1日
丹波ひかみ農業協同組合
職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間
平成27年4月1日から令和2年3月31日までの5年間
2.内容
目標1 : 職員に対して、産前産後休業や育児休業給付、育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。
対策 : 平成27年10月~ 制度に関するパンフレットを作成し職員に配布
目標2 : 職員が育児休業等を取得しやすい環境作りのため、管理職の研修を行う。
対策 : 平成27年5月~ 研修内容の検討・平成27年9月~ 研修会の実施

女性活躍推進行動計画

平成28年4月1日
丹波ひかみ農業協同組合
女性職員が仕事と家庭の両立ができ、かつ安心して働き続けられる職場環境をつくり、女性職員が更に活躍できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間
平成28年4月1日から令和2年3月31日までの4年間
2.目標
「男女の平均勤続年数の差を5年以内とする。」
2.取組内容と実施時期
平成28年7月~ 女性管理者養成研修会への参加
平成28年8月~ 職員アンケートを分析し、女性職員のニーズを把握するとともに、キャリア選択できる人事制度導入に向けての調査を実施
平成28年10月~ 先進企業等、優良事例の調査
平成28年11月~ 育児休職等の制度に関するパンフレットの作成・配付、管理職を対象とした研修会の実施
平成30年4月~ キャリア選択できる人事制度導入予定
4.情報公開項目
労働者に占める女性労働者の割合 一般職23.8%、専門職5.5%
(R1.6 現在)