JAバンク

ホーム > JAバンク > 住宅ローン

住宅ローン

住宅ローン

JAの住宅ローンは、マイホームの新築・ご購入・増改築などをご予定の皆さまに最適の商品です。
住宅の新築等の他にも、他の金融機関でお借入れの住宅ローンの借換えのご相談も承っておりますので、JA丹波ひかみの融資窓口でご相談ください。

住宅ローン主要商品

  JA住宅ローン
(一般型)
JA住宅ローン
100%応援型 
JA住宅ローン
借換応援型
お使いみち 住宅の新築・購入・増改築・宅地の購入・住宅金融公庫等からのお借換え 住宅の新築・購入・増改築 住宅金融公庫等および
他金融機関からの借換え
ご利用いただける方
  • 個人の組合員または組合員となれる方
  • 借入時年齢満20歳以上満66歳未満
  • 最終償還時年齢満80 歳未満
  • 前年度税込年収150万円以上
  • 勤続年数原則1年以上
  • 団体信用生命共済に加入できる方
  • 個人の組合員または組合員となれる方
  • 借入時年齢満20歳以上満66歳未満
  • 最終償還時年齢満80歳未満
  • 前年度税込年収300万円以上
  • 勤続年数原則1年以上
  • 団体信用生命共済に加入できる方
  • 個人の組合員または組合員となれる方
  • 借入時年齢満20歳以上満66歳未満
  • 最終償還時年齢満80歳未満
  • 前年度税込年収300万円以上
  • 勤続年数原則1年以上
  • 団体信用生命共済に加入できる方
ご融資金額 10万円以上5,000万円以内(但し、保証機関が認めた場合は1億円) 10万円以上5,000万円以内(但し、保証機関が認めた場合は1億円) 10万円以上5,000万円以内(但し、保証機関が認めた場合は8,000万円)
ご融資期間 3年以上35年以内 3年以上35年以内 3年以上32年以内
(既存借入金の残存期間プラス5年の範囲内)
ご返済方法 元利均等返済または元金均等返済(ボーナス併用返済可)
担保 ご融資対象物件に対して、原則として第1順位の抵当権を設定登記させていただきます。
保証 兵庫県農業信用基金協会の保証を受けていただきます。(同協会が定める基準に従い、連帯保証人をいただく場合がございます。)
保証料外枠方式 【一括払いの場合一律保証料30,000円+年0.1%~年0.4%】
金利タイプ
  • 固定変動選択型(3年・5年・10年・15年・20年)
  • 変動金利型
  • 固定金利型
団体信用
生命共済
団体信用生命共済にご加入いただきます。(費用はJA負担)
なお、対象住宅ローン商品の店頭金利に所定の金利を上乗せさせていただくことにより、三大疾病特約もしくは長期継続入院特約住宅ローンに加入いただくことができます。

必要書類

1.資金使途にかかわらず必要な書類
  書類名 発行先 備考
1 住宅ローン借入申込書兼債務保証委託申込書 所定様式  
2 個人情報の収集・保有・利用・提供に関する同意書 所定様式  
3 運転免許証・パスポートほか 所定様式 有効期限内
4 住民票謄本(世帯全員登録項目全て記載のもの)
※本籍地等センシティブ情報は不要
市役所 交付日から3カ月以内
5 印鑑証明書(借入者・連帯債務者・連帯保証人) 所定様式  
6 健康保険証 勤務先等  
7 所得証明    
給与所得者 住民税決定通知書または所得証明書、源泉徴収票 市役所 前年分
自営業者 納税証明書(その1・その2・その3の2)および確定申告書(収受日付印のあるもの) 税務署 過去3年分
農業所得者 所得証明書または確定申告書 市役所 前年分
8 団体信用生命共済被共済者加入申込書 所定様式    
9 担保不動産明細 所定様式    

2.資金使途により提出していただく書類
  書類名 住宅の新築 土地の購入 住宅購入 住宅の増改築 借換え
戸建 マンション
1 不動産売買契約書(写)    
2 重要事項説明書(写)、物件パンフレット等    
3 工事見積書(写)        
4 建築工事請負契約書(写)      
5 建築確認申請書(1面~5面)(写)
建築確認済証(旧建築確認通知書)(写)
   
6 土地の登記簿謄本  
7 建物の登記簿謄本    
8 土地の公図(写)・地積測量図(写)  
9 建物図面(写)・配置図(写)・立面図(写)  
10 農地転用許可証等 (○) (○)       (○)
11 償還予定表・残高証明書          
12 過去1年分の返済口座通帳(写)          
13 住宅地図または案内図

借地の場合は、土地の登記簿謄本、土地の賃貸借契約書(写)、および地主の念書・印鑑証明書、借地権の取得を伴う場合は、借地権設定契約書(写)が必要です。

登記簿謄本(土地・建物)は交付日から1カ月以内のもの。

お申込みの内容等により、上記以外の書類が必要となる場合があります。

ご返済のめやす

借入額1,000万円当たりの毎月返済額

表中の返済額は、金利の見直しをおこなうまでの返済額の概算です。

平成31年4月1日現在のキャンペーン利率で算出

期間 変動金利N型の場合
(金利 年0.625%)
最優遇の場合
固定変動選択型10年の場合
(金利 年0.85%)
最優遇の場合
10年 85,986円 86,954円
20年 44,335円 45,323円
30年 30,470円 31,479円
35年 26,514円 27,534円

住宅ローン 金利一覧表

お借入利率 (平成31年4月1日現在)
タイプ 金利 変動(見直し)サイクル
固定金利型 基準金利 年3.78% 最長35年固定
変動金利N型 基準金利 年2.475%が
→ 年1.125%
年2回金利見直し
固定変動選択型 3年 基準金利 年3.200%が
→ 年1.150%
特約固定期間終了後は再度特約固定金利を選択可能(選択しない場合は変動金利N型と同じ)
固定変動選択型 5年 基準金利 年3.450%が
→ 年1.300%
固定変動選択型10年 基準金利 年3.550%が
→ 年1.350%

変動金利N型・固定変動選択型の場合、給与振込の指定をいただくと、上記金利から0.3%引き下げられます。
さらに、変動金利N型及び固定変動選択型10年については、JAカードおよび公共料金(電気・電話両方とも)引落しで0.2%引下げられます。

金利タイプ選択のポイント

固定金利型

最初から最後まで、金利が変わらないタイプ。金利が変わらないので、元利金等返済なら毎月の返済額もずっと変わりません。
市場金利の動きに一喜一憂しなくていい安心感がある反面、現在のような低金利の時期には、変動金利にくらべて金利が高めになるケースが少なくありません。逆に金利が上昇しそうなときは、固定金利を選択するのが原則です。

変動金利型

借入れ後も定期的に金利が見直されるタイプが変動金利です。
市場金利にあわせて半年ごとに金利を見直します。基準となる金利が、短期プライムレートなどの短期金利なので、現状では固定金利にくらべて金利が低めです。

固定変動選択型

3年、5年、10年など、固定期間を選択するとその期間中は金利が固定されるタイプです。
 固定期間終了後は、その時点の金利で改めて変動金利や固定変動選択型を選ぶことができます。固定期間が短いほど金利水準が低く、3年固定の場合は、変動金利より低いこともあります。

各種ローンのお申し込み、ご相談は、下記の支店の融資窓口まで
<柏原支店・山南支店・氷上支店・青垣支店・市島支店・春日支店>

各種ローンのご案内