お知らせ

ホーム > お知らせ > 丹波栗っこ会 剪定授業

丹波栗っこ会 剪定授業

2019.01.18 / お知らせ

丹波栗っこ会 剪定授業

熟練の技術伝える

当JA丹波栗生産組合女性部会「丹波栗っこ会」は、県立氷上高等学校の生徒たちに丹波栗普及とその魅力を伝えるため、丹波栗剪定授業を行いました。
 当日は、同校の栗園で営農科2年生30名の生徒たちに、丹波栗っこ会のメンバー8名と当JA丹波栗生産アドバイザー2名が指導にあたりました。
 最初に、生産アドバイザーの足立義郎さんと河村修治さんが、剪定をする意味や作業方法のポイントなどを実際の栗の木を使い、丁寧に説明されました。
その後、生徒たちは栗園にある約35本の栗の木をそれぞれに分かれ、参加メンバーに教わりながら一枝一枝剪定していました。